RSS
人気の検索ワード お茶とお菓子 ギフト  /  出産内祝 送料無料  / さやま茶らんぐ / 狭山茶 / 香典返し 

ほうろく(焙烙)で自家製ほうじ茶

お好みの炒り加減で、美味しいほうじ茶をお手軽に。【 焙烙(ほうろく) 】

※ほうじ茶を作るときに使うこの陶器は、焙烙の他に「ほうじき」、「炒り器」などの呼ばれ方があります。

「ほうじ茶」というと、下級茶と思われる方もいるかもしれませんが、『 ほうじ茶専門店 』があったり、『 ほうじ茶ファン 』の方もいるくらい、奥が深く、味わいも深いお茶なんです。

「焙烙(ほうろく)」を使うと、手軽に美味しいほうじ茶をご自宅で作ることができます!

焙烙(ほうろく)の使い方
1.ほうろくが空の状態で先に火にかけ、少し温めます。(弱火〜中火)
  こうすることで、炒ったときの「ムラ」を少なくできます。
  ※熱し過ぎると焦げの原因になりますのでご注意ください!

2.あたためたほうろくに茶葉を入れます。
  ※慣れないうちは、少しずつ焙じてみてください。

3.ほうろくを細かく揺り動かしながら、好みの色になるまで焙じます。
  ときどき、ほうろくを火から外して茶葉の色や香りを確認して
  みてください。
  ※「失敗を防ぐポイント!」
   ⇒ほうろくから皿などに移すまでの間に、
     どうしても余熱で焙煎が進んでしまいますので、
     狙った炒り加減よりも【少し浅炒り気味で火から外す】こと
     がポイントです!!


4.茶葉を焙烙から平らなお皿などに出して冷却します。
  ※たくさん作ってしまったときは、密閉できる缶などに入れて、
  なるべく乾燥した環境で保存しましょう。

■使うお茶■
基本的にはどんなお茶でもほうじ茶になりますが、オススメは▼▼▼
 ・番茶(ばんちゃ)
 ・茎茶(くきちゃ)
 ・開封してから長時間経ち、風味を損なってしまったお茶
   ※ あまり粉っぽいお茶はほうじ茶に不向きとされています。

■焙烙(ほうろく)を使う時のポイント■
 ・「目標とする色になるちょっと前に」火から降ろしましょう!
 ・煙が出たら、焙烙を振って煙を外に逃がすようにしましょう!
 ・「焙烙そのもの」と「出来立ての茶葉」は熱いので
   ヤケドには十分注意してください!


■お好みの炒り加減を探究しましょう!■
弱火でじっくり炒るもよし、強火でさっと炒るもよし、
「浅炒り」も「深炒り」も作る人次第!
お好みの炒り加減を見つける楽しみがあります。

◆浅炒り
 ⇒  緑茶の青々しさと、ほうじ茶の香ばしい香り、甘味のある焙じ茶に。
◆深入り
 ⇒  焙煎した赤茶色と香ばしいかおりは強くなるとともに、緑茶に含まれるカフェインは壊れて軽い味になります。カフェインが気になる妊婦さんやお子様、寝る前に飲む用にオススメです。


★炒る前と炒った後の茶葉を、是非飲み比べてみてくださいね!!!


ほうじき 焙烙 ほうろく ほうじ茶 炒り器
■(上の写真)茶葉の変化■
左側は普通の煎茶(炒る前)です。⇒右側がそれをほうじ茶にしたもの。
写真ではわかりづらいですが、茶葉のカサ(体積)が、だいたい1.5倍程度に増えます。
何度も試しながら、手作りほうじ茶をお楽しみくださいね。


モリタ園web店では、「ほうろく単品」のほかに茶葉と茶缶を組み合わせました「一式セットA&B」がございます!ぜひご覧くださいませ!

ほうろくの画像

ほうろくセットA 自家製ほうじ茶作りに必要な一式

ほうろくセットA 自家製ほうじ茶作りに必要な一式



「急須」について

■「きびじょ」って?・・・「急須」の歴史

煎茶の世界では「だしきびじょ」「こんろきびじょ」ともいう急須は、ところによって今でも「きびしょ」と呼ばれており、 漢字では「急焼」と書きます。

 この書き方は中国語の「急焼」からきているという説もあります。その原型は鉄や銀製の金属でした。中国の明時代の万暦年間、 16世紀後半から17世紀の初めに宣興窯(江蘇省)で陶製の急須が作られてから土物が主流になってきたようです。 

 わが国では,土瓶の歴史のほうが古く、庶民がお茶を飲む習慣ができた江戸時代からやっと急須も普及。特に茶葉を使う煎茶の発展と共に 広がりました。江戸時代の中ごろには文人たちの間で煎茶道の様式も整えられ完成しています。

 生産地では京都が最も古く、幕末期には多くの名工たちが現れ、さまざまな技を競って作られたようです。中でも青木木米(1767〜1833) の木米急須は有名で川端康成は生前、この急須をこよなく愛して常に文机のそばに置いていたそうです。

 常滑急須で知られる常滑 (愛知県)でも幕末から生産が始まり、明治にはいると杉江寿門、山田常山(初代)の名工が登場し、多くの急須が作られました。四日市 (三重県)の朱土の万古焼も有名ですが、これも中国の宣徳窯で作られたのが最初だそうです。お茶のあくの吸収が良いので、お茶の味を 高めると、今でも珍重されています。



■「いい急須」の選び方

 「 最上の急須とは、お茶を注ぐときの体の動きの延長線上にあるもの 」と言われています。つまり持ち手が体に良くなじむものがベスト ということでしょう。

 また、より実用的な面では「早く注げるもの」が良いともされています。というのも、お茶は茶葉にお湯を注いでからの「抽出時間」が美味しく淹れるための大切なポイントです。茶種・茶葉の量に合せた時間でに注ぎ分けるには滞りなく出てくれないと困ってしまいます。ですから、
    • 茶こし面積が大きく、穴数が多いもの(金属メッシュも優秀です。)
    • 茶葉が目詰まりしにくいもの
を探しましょう。

取っ手による分類
取っ手の位置によって、以下の三種類に分類される。

  1. 後手(あとで)
    • 注ぎ口と反対側につく。西洋のティーポットなどに良く見られる。
  2. 横手(よこで)
    • 注ぎ口とほぼ90度をなしてつく。角度が90度より小さいのは注ぎやすくするための工夫で、右利き用と左利き用とでは取っ手の取り付け角度が異なるが、通常は右利きの人が使いやすいようになっている。日本での主流。
  3. 上手(うわで)
    • 本体上部につく。急須と一体化しているものと、別個に取り付けるものとがある。ただし煎茶道では、上手の急須を土瓶、取っ手のない急須を宝瓶/泡瓶(ほうびん)と呼び分けることがある。これらは中国の江蘇省宜興で使われていた「茶壺」をモデルとしているといわれるが、「急須」の名の起こりは後手型のやかんを指す福建語が元とされる。なお、上手の取っ手は弦(つる)ともいう。
宝瓶(泡瓶)
 宝瓶(ほうびん)は、急須の一種。絞り出しともいわれる。基本的に玉露を入れるときに使用し、紅茶や中国茶をいれる時には使用しない。

 形状の特徴として、取っ手がないことが挙げられる。また通常の急須と比較して注ぎ口が大きい。

 本来お茶を入れる道具に取っ手がないとやけどの原因になるが、宝瓶を使う玉露などのお茶は抽出温度が低く摂氏60度前後のため、問題にならない。

 また、取っ手がないことから携帯に適しているとして、旅行用の煎茶道具によく使われる。

 起源については諸説有るが、中国茶を抽出する道具の一種「蓋椀」(がいわん)が元になったという説がある。


■幸せを注ぐ器 = 急須

実は急須や土瓶は贈り物として最適品だということを御存知でしたか?「美味」という幸せを注ぎ次ぐ器と言われ、 古くから縁起物と されている急須や土瓶。

 日本の食文化を大切にする心と幸せへの願いを込めた贈り物にぴったりです!


■急須にまつわるトラブルと解消法

【トラブルその1】
 買ったばかりの新しい急須は「匂い」が気になることがあります。

【解決法!】
 「お茶殻を入れて2〜3日置く」と良いでしょう!


【トラブルその2】
 お茶を注ぐとき、注ぎ口からたれてしまう。

【解決法!】
    • 急須の注ぎ口と蓋の空気穴が一直線に並ぶように蓋をしてみましょう!空気の流れがスムーズになって、 湯が注ぎ口から流れでるスピードを保てます。
    • 注ぎ口にビニールカバーが付きっぱなしになっていませんか?新品の急須の注ぎ口 についているビニールカバーは、メーカーや販売店の運搬の際の破損防止用です。家に持ち帰ったら、必ずはずしてから使うようにしましょう。


■お気に入りの急須を長く使うために・・・
洗剤を使うと匂いがついてしまうことがあるので注意してください。

 内側に付いてしまった茶渋には塩、特に粗塩が おすすめです。ミカンやレモンなどの柑橘類の皮に塩をつけて磨くと、より落ちやすくなります。

 洗うときには注ぎ口が手首のほうに来るように、持ち方を変えてゆすぐのがポイント。注ぎ口が周囲のものにあたって欠けてしまう心配 がなくなります。



□■□■□■モリタ園web店の< 急須一覧 >はこちらです。□■□■□■

急須TOP画像 背景w670h320

玉泉 バナー



ページコンテンツここまでライン TOPに戻るボタン


ページトップへ