RSS
人気の検索ワード お茶とお菓子 ギフト  /  出産内祝 送料無料  / さやま茶らんぐ / 狭山茶 / 香典返し 

収穫からお茶ができるまで

皆様がお使いになっている製品(=煎茶)は、
茶園で栽培された茶の葉を摘採し、加工したものです。

茶葉は、摘採した時点から「酸化酵素」の働きによって
変化(発酵)が始まります。

日本茶は、可能な限り新鮮な状態で熱処理(蒸す・炒る)
をすることによって酸化酵素の活性を止めて
(「殺青」と呼びます。)作るのが特徴です。

蒸した茶葉の形状を整えながら、水分をある程度まで蒸散させ、
保存に耐えられる乾物状態にします。

この乾物状態を「荒茶(あらちゃ)」といい、生葉から荒茶に
仕上げる工程を「荒茶製造(加工)」と呼びます。

荒茶の製造は熱処理(=殺青)の必要性から、お茶の収穫
時期に茶園の近辺で行われています。荒茶製造後に流通に
まわされると、商工業者によって保存されます。

荒茶は、形状が不揃いで水分含有量も多く、家庭での
保存には適していません。
また、香味のバランスもとれていないため、商工業者が
消費地への出荷前に「仕上げ(再製)加工」を行っています。
それでは、以下に煎茶の製造工程をまとまめました。
日本の文化の一つである「お茶づくり」に対するご理解の
一助となりましたら幸いです。


生   葉お茶の製造 解説画像 茶葉
送風/加湿
蒸   熱
(じょうねつ)
お茶の製造 解説画像 蒸し
冷   却
葉 打 ち
粗   揉
(そじゅう)
お茶の製造 解説画像 粗揉
揉   捻
(じゅうねん)
中   揉
(ちゅうじゅう)
お茶の製造 解説画像 中揉
精   揉
(せいじゅう)
乾   燥お茶の製造 解説画像 乾燥
荒   茶
(あらちゃ)
整形/分別
火 入 れ
(ひいれ)
冷   却
合 組 み ( ごうぐみ )
(=ブレンド)
仕上げ茶
(製品)

お客様に本当に美味しいお茶をお届けすべく、
日々努力を積み重ねています!

ぜひお召し上がり下さい!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
モリタ園の煎茶 カテゴリートップ画像

ページトップへ