RSS
人気の検索ワード お茶とお菓子 ギフト  /  出産内祝 送料無料  / さやま茶らんぐ / 狭山茶 / 香典返し 

美味しいお茶と水の関係

● おいしいお茶は水が大切です●

「茶の味は湯の中にあり」

といって、水がまずいとお茶の味は台無しです。最近は浄水機能の向上により、水道水も一昔よりは美味しくなってきました。しかし、地域や住宅環境によっては水道水はカルキ臭が強いためお茶の良い香りが飛んでしまいます。また、緑茶に含まれるビタミンCが水道水中の塩素によって破壊されてしまいます。水の味を確かめましょう。


●水道水でおいしく飲める方法●

水道の蛇口をひねったらしばらくそのまま水を出してから、 やかんなどに一晩汲み置いた水を使とカルキ臭が飛びます。くれぐれも衛生的な容器で汲み置きしてください。また、 お湯が沸いてから5分位やかんの蓋を開けて煮沸させる。さらに、 普段使用している電気ポットはこまめに内部のお手入れすると良いです。

●お湯の温度と味の関係●

おいしいお茶とは、香りと渋味(タンニン)とうまみ(アミノ酸類)の調和がよくとれているもので、温度が高いとカテキン類(渋味成分)の溶け出る割合は高く、溶け出る速さも早まる。つまり、熱いお湯を用いるほど、渋味は強くなる。一方の全アミノ酸(うまみ成分)は湯の温度がとくに低い(40℃位 )場合、甘味が強く感じられるようになる。


以上です。


インターネットでのご注文が不安でしたらお電話下さい。




ページトップへ