RSS
人気の検索ワード お茶とお菓子 ギフト  /  出産内祝 送料無料  / さやま茶らんぐ / 狭山茶 / 香典返し 

ほうろく(焙烙)で自家製ほうじ茶

お好みの炒り加減で、美味しいほうじ茶をお手軽に。【 焙烙(ほうろく) 】

※ほうじ茶を作るときに使うこの陶器は、焙烙の他に「ほうじき」、「炒り器」などの呼ばれ方があります。

「ほうじ茶」というと、下級茶と思われる方もいるかもしれませんが、『 ほうじ茶専門店 』があったり、『 ほうじ茶ファン 』の方もいるくらい、奥が深く、味わいも深いお茶なんです。

「焙烙(ほうろく)」を使うと、手軽に美味しいほうじ茶をご自宅で作ることができます!

焙烙(ほうろく)の使い方
1.ほうろくが空の状態で先に火にかけ、少し温めます。(弱火〜中火)
  こうすることで、炒ったときの「ムラ」を少なくできます。
  ※熱し過ぎると焦げの原因になりますのでご注意ください!

2.あたためたほうろくに茶葉を入れます。
  ※慣れないうちは、少しずつ焙じてみてください。

3.ほうろくを細かく揺り動かしながら、好みの色になるまで焙じます。
  ときどき、ほうろくを火から外して茶葉の色や香りを確認して
  みてください。
  ※「失敗を防ぐポイント!」
   ⇒ほうろくから皿などに移すまでの間に、
     どうしても余熱で焙煎が進んでしまいますので、
     狙った炒り加減よりも【少し浅炒り気味で火から外す】こと
     がポイントです!!


4.茶葉を焙烙から平らなお皿などに出して冷却します。
  ※たくさん作ってしまったときは、密閉できる缶などに入れて、
  なるべく乾燥した環境で保存しましょう。

■使うお茶■
基本的にはどんなお茶でもほうじ茶になりますが、オススメは▼▼▼
 ・番茶(ばんちゃ)
 ・茎茶(くきちゃ)
 ・開封してから長時間経ち、風味を損なってしまったお茶
   ※ あまり粉っぽいお茶はほうじ茶に不向きとされています。

■焙烙(ほうろく)を使う時のポイント■
 ・「目標とする色になるちょっと前に」火から降ろしましょう!
 ・煙が出たら、焙烙を振って煙を外に逃がすようにしましょう!
 ・「焙烙そのもの」と「出来立ての茶葉」は熱いので
   ヤケドには十分注意してください!


■お好みの炒り加減を探究しましょう!■
弱火でじっくり炒るもよし、強火でさっと炒るもよし、
「浅炒り」も「深炒り」も作る人次第!
お好みの炒り加減を見つける楽しみがあります。

◆浅炒り
 ⇒  緑茶の青々しさと、ほうじ茶の香ばしい香り、甘味のある焙じ茶に。
◆深入り
 ⇒  焙煎した赤茶色と香ばしいかおりは強くなるとともに、緑茶に含まれるカフェインは壊れて軽い味になります。カフェインが気になる妊婦さんやお子様、寝る前に飲む用にオススメです。


★炒る前と炒った後の茶葉を、是非飲み比べてみてくださいね!!!


ほうじき 焙烙 ほうろく ほうじ茶 炒り器
■(上の写真)茶葉の変化■
左側は普通の煎茶(炒る前)です。⇒右側がそれをほうじ茶にしたもの。
写真ではわかりづらいですが、茶葉のカサ(体積)が、だいたい1.5倍程度に増えます。
何度も試しながら、手作りほうじ茶をお楽しみくださいね。


モリタ園web店では、「ほうろく単品」のほかに茶葉と茶缶を組み合わせました「一式セットA&B」がございます!ぜひご覧くださいませ!

ほうろくの画像

ほうろくセットA 自家製ほうじ茶作りに必要な一式

ほうろくセットA 自家製ほうじ茶作りに必要な一式



ページトップへ