カートの中身を見る
喪中御見舞

「喪中見舞い」は訃報に対するお悔やみを伝える手段で、比較的新しいお悔やみの方法です。

「喪中見舞い」という形は、近親者のみでの家族葬の増加により喪中はがきでご不幸を知ることが増えてきたこと、それにより会葬時など香典をお渡しする適切な機会が少ないことに伴い、「送る時期に決まりがない」ものとしての御見舞いという形が近年受け入れられてきているものです。

「喪中見舞い」は近年の新習慣で、地域によっては馴染みがない方も多く、また対応について賛否両論あるようです。また、葬儀をだいぶ過ぎているタイミングの場合、香典返しといった「相手のお返しの手間や費用」を考えると、香典や品物は送らず手紙(またはハガキ)を送るだけでも良いかもしれません。相手の負担にならないか配慮して方法を選ぶのがよいでしょう。

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件~8件 (全8件)

1件~8件 (全8件)

ページトップへ